teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おつかれ~

 投稿者:蔵木虚空  投稿日:2011年 8月 6日(土)02時00分0秒
返信・引用
  洋海田さん、投稿&清書おつかれさま  
 

(無題)

 投稿者:洋海田  投稿日:2011年 8月 6日(土)01時12分12秒
返信・引用
            †┏┛墓┗┓†100話目の怪談…


             参加者全員で語った怪談をアップしました(以下)



これは…僕が高校生の時体験した話です。
僕達は何か分からないけど本当に分からないけど本能がうひょーだったんで町の出るという廃病院に行くことになりました。
僕と、友達のA君、B君、Cちゃんの4人ででした。
その廃病院は 少し離れた 場所にあり そこへ続く道は 薄暗く 何か起こりそうな気配がしました
僕たちは、懐中電灯を持って、おそるおそる、廃病院の玄関をくぐりました
古い廃病院らしく玄関は、荒れていました。
そして…さらに奥に進もうとした…その時…
いきなりパーン!と言う音と共に僕とCちゃんが持っていた懐中電灯が破裂しました・・・。
怖くなり、外に出ようとしましたが扉が開きません。
がちゃがちゃ 音だけがひびくなか Cちゃんが突如ぎゃーーーーと叫びながら奥に入って行きました
僕と、A君、B君は、Cちゃんを追いかけていきました
しかし、なぜか、なかなか追いつけません。
やっとのことでCちゃんを捕まえたA君が…Cちゃんの顔を覗くと
とてつもなく青い顔で・・・す・・スカートを履いたおっさん!!と行って走りさりまし。
どんどん奥へいってしまい、僕たちが叫んでも戻ってきません。
Cちゃんも心配だったのだが、こんな場所に僕たち以外に人がいるのかと思い 懐中電灯であたりを照らしたその時
懐中電灯のほの暗い灯りの隅に、なにか、影のようなものがよぎったように見えました
僕は、ビビッてしまい、一瞬尻餅をついてしまいました
…カタ…カタ……カ…と音を立てながら玩具が足元に転がっていた
するとAがこ・・コレは「あqwせdrftgyふじこlp;」じゃあないか!と言って自分のバックに突っ込んだ。
そして、僕らはCちゃんを探すためにさらに奥へと進んだ。
Cちゃーん と僕らは大声をあげて病院の廊下を進みました・・ その時上の階から ガタと音がして
「うふ…うふふふ…」子供の笑い声とともに、黒い影が横切っていきました
僕達は、それを見た瞬間、思わず叫んだ。
B「な、なんなんだよ…アレ」僕「顔…が」A「おい…!あ…足が動かない」
B「A大丈夫か?」と言ってAの足を見ると暗いせいか良く見えません。 仕方無いので僕がAの足元を照らすとAの両足の靴に黒い手が巻き付いていまいました・・・・。
クキャキャャッっという笑い声と共に子供がボウッっと現れた。
「ねえ…私の玩具…返して…ねえ、一緒に遊ぼう…うふ、うふふ…」背後から子供が追いかけてきます木 > 僕とBは このままではまずいと思い Aを二人で引っ張り黒い手を踏みつけて後ろも見ずに逃げました
僕とBは、かまわず出口へ走ります
僕が後ろを振り返ったときには子供の霊もAも消えていた
そして僕ら三人はドアをこじ開け外に出ました。するとスカートを履いたおっさんがドアをこじ開け僕ら三人を追っかけてきました。
え? じゃあ これはだれなんだ? ふと横を見るとニターーリと笑いながら「鬼ごっこだよ・・・捕まるとこうなるんだよ・・・」と突如血まみれ子供がしがみついてきました
え? じゃあ これはだれなんだ? ふと横を見るとニターーリと笑いながら「鬼ごっこだよ・・・捕まるとこうなるんだよ・・・」と突如血まみれ子供がしがみついてきました
「ぎゃああああ!」Bと僕は大声で叫んだあと…目の前が真っ暗になり、あとのことは覚えていません
気が付くと、僕は、廃病院の玄関前に、一人だけ倒れてました。
…あの後、その時すべてに気づいた廃病院に行けるはずなどなかったのだ、だって
そこにはそんな廃病院何て無くてそこにはタダの空き地が広がっていた・・・・・。 一瞬当たりが白黒になって 「クフフ・・お兄ちゃん面白かったよ・・・まぁ負けちゃったけどね。」と言う声が耳にこだました。
まわりを見渡すと、遠くに、Bと、スカートを履いたおっさんが倒れているのが見えた。
僕は二人の元へ走りました でもふたりとも血まみれで息絶えていました・・
大昔、ここは飢饉の時、子供を「間引き」して捨てたといういわくつきの場所で、そんな場所にかつて建っていた廃病院でも殺人鬼が暴れ周り多数の死傷者がでたといういわくつきの場所だったそうです…おしまい

il||liみなさまのもとに怪異が訪れぬことを祈って…il||li

 

イベント終了!!

 投稿者:洋海田  投稿日:2011年 8月 6日(土)00時09分19秒
返信・引用
  さきほど、無事に100話目が語り終えました…
参加されたみなさまのもとに、怪異は訪れましたでしょうか…


本日、語られました物語は、後ほど、本掲示板にアップいたします
参加されたみなさま、おつかれさまでした^^
 

実況中継

 投稿者:洋海田  投稿日:2011年 8月 5日(金)23時21分9秒
返信・引用
  現在、100話目の怪談は、いよいよ山場を迎えております
恐怖のフィナーレまでもうすぐ!!
 

いよいよ本日!

 投稿者:洋海田  投稿日:2011年 8月 5日(金)19時06分7秒
返信・引用
  さて、いよいよ今宵「「分割語り(笑)百物語」の100話目が語られます。
100話目を語り終えたとき、何が起きるでしょうか!?

怪談にはいささか不似合いな、少々涼しい日になりましたが、みなさまふるってお越しくださいませ_(_ _)_
 

レンタル掲示板
/2