teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ひさしぶり

 投稿者:だぶ  投稿日:2007年 5月16日(水)02時17分16秒
  「友達のパパのマイスペ見てみて」といわれたら

みたいな。

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=173863054

 
 

そういえば

 投稿者:だぶ  投稿日:2007年 5月 6日(日)12時11分42秒
  6月9日ロックの日。

6/9(土)渋谷o-nest -DubwilliNCOMiNg.-
SUPER DUMB, Vermilion Sands, THE DEAD PAN SPEAKERS
VOLUME DEALERS, サーファーズ・オブ・ロマンチカ
開場18:30/開演19:00● 前売¥2.000/当日¥2.500● ドリンク別
http://www.shibuya-o.com/n_live2007-06.html

6/9(土)吉祥寺プラネットK -JAP工房25周年記念ライブイベント-
アースシェーカー, 高橋ヨシロウ(ACTION,NOVELA), 斉藤光浩(BOWWOW),etc
http://www.jap-inc.com/69/live.html

super dumbって復活したんだ。
っていうか、サーファー、ボリューム、スーパーダムってニューキー
はでないのか?まったく、いつの時代だ?

ジャップ工房って言うのは吉祥寺にあるロックな銀装飾品や
皮服飾品の店で、聖飢魔IIなどの舞台衣装を担当していたお店。

って言うかこっちはさらに時代をさらにさかのぼったイベントだな。
マリノと44マグナムも出てほしいところ。
このイベントの深夜の部にはオートモッドに渡邊貢(PERSONZ)も
でるそうで。

んー、どっち行こうか迷うな~~~~~

---------------

ところで、bbsカナリご無沙汰なんですが、最近もっぱら三串でして

"http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3 0 1 5 6 5 4"

です。ダブルクオートと最後の数字の間スペースとってください。
ちょっとしたら消しちゃうよ。

ミクシのid無い方、招待しますんでご連絡ください。
 

インフォ

 投稿者:だぶ  投稿日:2007年 3月 2日(金)13時08分24秒
  えーワタクシ Wはioadnup@fa(通称イオード)というトミタと2人組の
電気ギターユニットをやっておりまして、今週末
3/4(日)田町アワーハウスというスタジオで16:00ごろから
ライブやります。

-------------------------------------
*ATROCITY EXHBITION*
hyperbolaがお届けする企画ライブです。

2007.3.4(sun.)
at studio OUR HOUSE Ast
地図:http://www.our-house.jp/img/page5/tizu05.jpg
16:00start/charge 500円

出演
ioadnup@fa :http://www.myspace.com/ioad
LIVING ASTORO : http://www.myspace.com/livingastro
蒼二点 :http://www.aoaoi.com/
hyperbola  :http://hyper.yorozoo.com/

-------------------------------------

昨年末は全部ギターユニットという企画に出ましたが、
今回はぜーんぶ二人組という企画です。
上のユニット名と併記してあるサイトで音が聞けます。

ポップス寄り、エスニック、サイケ、アンビエント
例によってバラエティーに富んでおります。

主催のhyperboraと各ユニット代表とのセッションもあります。

良かったらお越しください。

田町アワーハウス:http://www.our-house.jp

企画案内:
http://www.k4.dion.ne.jp/~hyper/atrocity_exhibition.html
 

富士山麓で

 投稿者:0v  投稿日:2007年 1月26日(金)11時51分6秒
  http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1446462&GOODS_SORT_CD=101  

もろもろ

 投稿者:0v  投稿日:2007年 1月24日(水)17時08分14秒
  hella聴かせて貰ったけど忘れちゃったなぁ。

friction(Reckと中村達也)が3月11日(日)に磔磔でライブだそうです。
去年からリマスタ盤買い続けてますが改めて格好良いバンドだと思い知らされます。
あとは遅ればせながら正月に24h party people観てJoy Divisionを聴き続けたり。
再発盤ばっかですわ。
今年はIan Curtisの未亡人が書いた本を原作にした映画(アントン・コービンが監督!)の
公開もあるようでブーム再燃ってことなのでしょうか。

Ianといえばバラード好きで知られているようですが
うちは「残虐行為展覧会」と、「時の声」しか本ないなぁ。
「太陽の帝国」とか「クラッシュ」は映画化されてますが
もし観てたら一言感想でもつけてくれると嬉しいです。
 

this heatといえば

 投稿者:だぶ  投稿日:2007年 1月21日(日)00時56分16秒
  バンド編成になったhellaのこの曲
ttp://www.hellaband.com/media/disco/mp3/the_ungrateful_dead.mp3
なんとなくnew kind of waterに似ている。
 

all's well

 投稿者:0v  投稿日:2006年12月22日(金)12時43分17秒
  今年はThis Heatのリマスターラッシュだったけど
Camberwell もリマスタリングされるようだね。
http://www.locus-solus.co.jp/catalogue/thisheat.html

新バンド観たいねー
 

本日

 投稿者:だぶ  投稿日:2006年12月15日(金)12時36分59秒
  ##################
# 本日開催! メタルスクール! #
##################

吉祥寺の夜をにぎわせるメタルスクール第8限目!!!!
地獄と天国、ぬるま湯と激情を行き来するメタルマシンミュージック!
ここでさらに勢いを付けて年末の大人の事情をふっきれ!!
ん?

"HM/HR DJ PARTY"
METALSCHOOL
-Lesson 8-
12/15 fri @bar cheeky(kichijoji)
http://www.bar-cheeky.com
22:00start~5:00a.m
no charge

今回はフードも有るよん。
おれの今回プレイは辺境と王道をさまよいます。
 

12/15(金)メタルスクール八限目

 投稿者:だぶ  投稿日:2006年12月 6日(水)18時39分12秒
  06/12/05(火)高円寺ジロキチ

unbeltipo trio(ウンベルティポ・トリオ)
今堀恒雄: 作曲、guitar, effects, sampler
ナスノミツル: bass, effects
佐野康夫: drums, 紅白出場

とにかく良かった!

ていうかお客ミンナ座してかしこまって固まってないで立て!動け!といつもながら思う。
大丈夫!きっとオンテンポだ!ズレたらウラで感じろ!
こんなに心地よいグルーブは無い!
なんて、いつもあんま広くない会場なんでやっぱ皆さん座ってごゆるりとご覧ください。

何回もおんなじこと書いてるけどウンベルティポは今堀恒雄作曲によるジャージーでトライバルでポリリズミックでシンペーションで裏んなったり表になったり、フリーテンポになったり突然疾走したりテーマなのかソロなのかキメなのかもわからない複雑かつパワフルな楽曲を演奏するトリオです。


んー言ってしまおう。たとえて言うならぎこちなさの無いパーフェクトな演奏のあぶらだこ(-歌)。

このトリオの聞き所は今堀恒雄の奇抜な作曲を、2人のリズム隊がアンサンブルとしてこなしつつ、いかにソロやフィルインで切り込んで来るかだと俺は思っている。
その上にさらに切り込んでくる作曲者であるギタリスト氏の演奏に付いてはマッタク俺の理解を超えている。

手順書に従って自分で逆巻く波を巻き起こしながらその上を泳ぎきらなくてはならないなんともナンギでツラ楽しそうな演奏。

この日で、俺がこのトリオを見るのは3ヶ月ぶり5回目位だと思う。

演奏力では日本で抜きん出た力を持つ(と思われる)3人だが、以前見たとき(前回よりさらに前の印象かもしれないが)メンバーの2人の演奏中のニヤケ具合から察すると、作曲、リフやリズムの理不尽さに翻弄されている感も無きにしもあらずだった。

今回の印象として、柔軟さとシャープさの触れ幅増量、演奏の熱さとヌルさ(あまり無機的にクールな感じはしない)、ヨレる部分と突っ走る部分のシームレス具合が向上していて、硬軟緩急紆余曲折質実剛健文武両道傍若無人に変幻自在のもう2部構成の「3人祭り」でした。

よくレコーディング直後のバンドのライブを見ると演奏の精度が格段良くなってることが有る。
ちょっと前にこのトリオでレコーディングしたそうで、録音慣れしているこの人達でもやっぱ影響あったんじゃないかな。

でもほんとのところ俺が一番グッと来たのは、高速ブギーのリズムに乗ってハードでブルージーなギターソロで突っ走る実にトラディショナルな場面。ロックバンドでは最近あんま見られないでしょ。

            ※佐野康夫も古沢門下と判明!おそるべし!
 

録音を聞き返すと

 投稿者:だぶ  投稿日:2006年11月27日(月)18時48分24秒
  いつものギターの出しうる限りのヘンな音で組みたてる即興風ではなく、今回はオーソドックスなロックギター的な感じであらかじめやること決めて曲を演奏するような感じでやったつもり。

だけど、実際にやった録音を聞いてみると普段よりソロやフレーズを弾く量が多くて普段以上に思いつきで...いや手が勝手に弾いている時間が長くて、もともと構想に無い展開に進んじゃったりしてなんか当初のイメージと全然違った。やってる最中はスンゴイ楽しかったけど。

いつもioadは演奏の快感を排除してトミタの手元足元と手順書を見ながら脳と耳でだけで演奏することを心がけてきたけど、今回は入り込んで気持ちよく弾きまくってしまった。

何も考えずに手が勝手に弾いてくれる時はプレイとしては調子がいいんだけど、それが演奏トータルのクオリティーに結びつくとは限らない。音量バランス(俺でかすぎ)とか展開のタイミングとかコードに対するノートチョイスとか俺起因で随所でかみ合ってない。

次回このスタイルでやるときは、感情的に入り込みつつ手が勝手に弾くのを脳で止めて全体のバランスを聞きながらで弾けるように訓練が必要だなあ。
 

レンタル掲示板
/9